スペイン語とサッカー

¡Hola!
hanakoko spanish スタッフ2号です。

今日はスペイン語とサッカーについて書いてみたいと思います。

7月に入り、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催が現実的になってきました。男子サッカーの本戦出場国は16ヶ国ですが、そのうちスペイン語が母語の国は何と4ヶ国です。英語が母語の国も3ヶ国なので、この2つの言語に日本語を加えると出場国の半分になります。

 公用語
1日本日本語
2スペインスペイン語
3メキシコスペイン語
4アルゼンチンスペイン語
5ホンジュラススペイン語
6オーストラリア英語
7ニュージーランド英語
8南アフリカ英語, アフリカーンス語
9フランスフランス語
10コートジボワールフランス語
11エジプトアラビア語
12サウジアラビアアラビア語
13ブラジルポルトガル語(ブラジルポルトガル語)
14ドイツドイツ語
15韓国朝鮮語(韓国語)
16ルーマニアルーマニア語

 

次に女子ですが、本戦出場国12ヶ国中、こちらはスペイン語が母語の国はチリ1ヶ国だけですが、英語が母語の国は何と6ヶ国!こちらも出場国の半分を占めます。

 公用語
1日本日本語
2イギリス英語
3アメリカ英語
4カナダ英語, フランス語
5オーストラリア英語
6ニュージーランド英語
7ザンビア英語 他
8チリスペイン語
9中国中国語
10ブラジルポルトガル語(ブラジルポルトガル語)
11オランダオランダ語
12スウェーデンスウェーデン語

 

サッカーは世界で最も人気のあるスポーツと言われていますが(諸説あります)、その中でもスペイン語の存在感は英語を凌ぐほどです。

hanakoko spanish では、英語でスペイン語を学ぶクラスも開講しています。
スペイン語を学んで、お気に入りの選手のインタビューをオリジナルの音声で聞いてみませんか?

【設定で日本語・スペイン語の字幕を出せます。】

それにしても久保建英選手のスペイン語は何度聞いても惚れ惚れしますね。

 

次の記事

スペイン語と野球